葬式の喪主を任されたら|専門業者に相談しよう

プラン選びと相談の基礎

決定までのプロセス

女の人

インターネットの情報を駆使して、柏原市内に対応した葬儀会社を見つけるのが、お葬式に向けた準備のスタートラインです。業者によって料金のシステムが違っているので、2つ以上の葬儀会社の見積書を比べて、最も適したプランを選ぶべきです。家族葬の基本プランが50万円程度であっても、食事や返礼品などのオプションを追加すると、100万円以上になるケースも多いです。したがって希望するオプションを上手に組み合わせたうえで、柏原市の葬儀会社に、詳細な見積書を作成してもらうのが理想的です。そのうえで家族が話し合って業者を1つに絞り込むと、想定する予算の範囲内で、希望通りのお葬式が挙げられるでしょう。そして業者を1つに絞り込んでから、柏原市の葬祭場を訪れて、お葬式の手順について詳細に打ち合わせるのが次の段階です。葬祭場内部の設備を見学しながら打ち合わせを行うと、お葬式を挙げる時に必要な供花や供物の数量も、的確に把握できるでしょう。近ごろでは1日で葬儀が完結するプランが主流であり、告別式や火葬場でのスケジュールも、詳細に決めることが重要です。参列者のアクセスも考えてマイクロバスをチャーターしたり、運行ルートを考えるのが、葬儀を成功させるコツです。一方でお葬式が終わった後のアフターサポートも完備しているのが、柏原市の葬儀会社のセールスポイントです。四十九日の法要に合わせて、葬儀会社を通じて香典返しの見積もりと発送を依頼するのが、最近のトレンドです。

気を付けたいポイント

花

柏原で葬式がある場合に、必ず持参するのが香典です。香典にはいくつかの抑えておくべきポイントがありますので、ご紹介しましょう。まず、香典の書き方ですが、柏原にもいろいろな宗教を信仰している方がおり、信仰している宗教によってちょっとずつ違いますので気を付けましょう。仏教については、「御香典」という書き方が最も無難です。「御霊前」「御仏前」などもよく使われますが、仏教でも宗派によっては使ってはいけなかったり、使う時期が決まっていますから、故人の宗派が不明な場合はやはり御香典が安心でしょう。神道の場合は、「御玉串料」「御霊前」などと書きます。キリスト教の場合にも香典はあります。「献花料」とすると大丈夫です。これらが表書きの文言ですが、下には香典を持って来た人の名前をフルネームで書きます。団体の場合は3名程度までは連名で、4名以上になると代表者名と「外一同」と書くのがよいでしょう。次に香典の相場ですが、一般的には、故人との関係性で決めていきます。ここでいう関係性とは血のつながりです。どんなに柏原で親しくしていても、血のつながりがなければ3千円から多くても1万円程度です。おじ・おば・いとこ・甥・姪だと1万円から2万円、兄弟だと5万円、義理の両親だとそれ以上となります。香典の相場は、柏原でも全国とそれほど違いはありません。そして葬式に持って行く香典の出し方ですが、通常はお通夜かお葬式のどちらかにしか参列しませんので、どちらに持って行っても構いません。持って行くのはふくさに包んで行きます。香典は受付がありますので、そこで出しますが、順番待ちになっている時には出さず、自分の番が回って来た時にふくさから取り出すのがマナーです。受付では、葬式のお焼香の時と同じく、小さな声で「この度はご愁傷様です」と言うか、黙礼します。なお、どうしても参列出来ない場合に、香典袋を現金書留で送る事も可能です。

家族の負担を軽減

葬式

柏原では、葬式の生前予約をする人が増加しています。柏原で生前予約するメリットの一つは、自分の希望通りの葬式にできることです。葬式は最後のお別れの場ですので、自分らしい舞台を整えたい、という人も多いでしょう。あらかじめ生前予約をしておくことで、どんな葬式にしたいかを決めることができ、自らプロデュースすることができます。たくさんの人に見送られる盛大なものにしたい、親しい人だけで静かに行ってもらいたい、など理想の別れの実現が可能です。また、遺族の負担を軽減できることも、メリットとして挙げられます。亡くなった後、葬式を手配するのは時間的にも精神的にもきついものです。落ち着いてプランを練ることもできず、不本意な葬式となってしまう心配もあります。生前予約ならば、故人が生前決めた業者に連絡し、作成されたプランを実行するだけですので非常に楽になります。さらに、費用がどれくらいかかるかが事前に把握でき、準備しやすいです。葬式には一定の費用がかかり、すぐ手元に用意することは難しいこともあります。プランを決めておくことで、生前から葬式費用の確保をすることができ、急な出費で困るようなこともなくなるでしょう。柏原には、生前予約を行う葬式業者が多くあります。メリットをいかすためにも、なるべく早いうちから柏原で業者を探し、相談することが大切になるでしょう。家族と一緒に進め、双方納得のうえで、ベストな葬式になるようよく検討することをおすすめします。

家族で過ごす最後の時間

葬儀

柏原にある葬儀社では、家族葬や密葬など色々な形態の葬式に対応しています。家族葬とは、家族や身内のように親しかった友人だけで行う葬式のことです。対して密葬は家族葬と内容的には同じですが、終了後に外部から参列者を招く本葬を行います。いずれの形式で行うかについては、柏原の葬儀社でアドバイスしてもらえます。

もっと読む

葬儀社の種類

葬儀会場

柏原で葬式を行う際に、互助会という方法があります。互助会は、葬式代の積み立てプランの事です。互助会に入ると割安で葬式を行うことが出来ますし、積み立てなので、急な出費で家計を圧迫する事も防ぐ事が出来ます。気を付けたいのは、転居すると利用出来ない場合がある事です。

もっと読む

プラン選びと相談の基礎

女の人

オプションも含めた見積もりを、複数の業者に依頼するのが、柏原市内で良いお葬式を挙げるための前提条件です。業者のホールを見学しながらプランについて打ち合わせたり、マイクロバスをチャーターするのが、お葬式を計画通りに進めるコツです。

もっと読む