葬式の喪主を任されたら|専門業者に相談しよう

家族で過ごす最後の時間

業者へ相談する

葬儀

柏原にある葬儀社は、色々な形態の葬式に対応しています。住宅街が多い柏原では家族を中心とした葬式を希望する人が増えており、それぞれの希望に合わせてサービスが用意されるようになったのです。具体的には、家族葬や密葬などです。いずれも柏原にある葬儀会社で対応してもらうことができます。ところで、家族葬や密葬の違いはどこにあるのでしょうか。以下にそれぞれの特徴を説明しながら、その違いを明らかにしていきます。家族葬とは、その名の通り家族のみで行う葬式のことです。基本的に外部からの参列者には遠慮してもらうという方針ですが、故人と身内のように親しかった友人などの場合は特別に参列が許される場合もあります。いずれも喪主の裁量です。家族葬では、家族自らが故人の湯灌や身支度を行います。最後に家族水入らずの時間を過ごしたいという場合に適しています。対して密葬についてですが、これも内容的には家族葬と同じものです。ただし、家族葬が近年使用されるようになった言葉であることに対して、密葬は昔から存在した言葉でした。唯一違いがあるとすれば、それは家族葬がそれ自体で完結しているのに対し密葬の場合はその後で改めて本葬が行われます。本葬とは、外部から参列者を招いて故人を偲ぶ葬式のことです。つまり、密葬は本葬とセットで一つの葬式の形態ということになります。柏原の葬儀社では、家族葬と密葬のどちらにするかについての相談を受け付けています。それぞれの事情に合わせて適した方を勧めてもらうことができるため、初めて葬式の準備をするという人でも安心です。

家族葬の新しいかたち

葬儀会場

お葬式は葬儀斎場やお寺、教会などで行うのが一般的ですが、自宅で行うという選択肢もあります。自宅葬における最大のメリットは、自由度が高く希望を叶えやすいことです。決まったスケジュールで動かなければならない通常の葬儀とは違ってゆっくりと故人を偲ぶことができ、故人の好きだった料理を出したり気兼ねなく思い出話をしたりと、個性あるお葬式を実現できます。故人にとって最も慣れ親しんだ場所で見送りができるため安心感もあります。自宅を会場とするため設営にかかる費用も見積もりやすく、全体として費用を抑えることが可能です。自宅でお葬式を行う際に注意しなければならないのが葬儀を行うスペースの確保です。小さな祭壇を用意したとしても、お柩を安置して会場設営を行うと最低でも6畳程度のスペースが必要です。平屋が多かった昔と比べて現代では広い間取りの部屋が減っているため、スペースが足りず自宅葬ができないことがあります。自宅葬を希望するのであれば、できれば時間的に余裕があるうちにそのような注意事項を調べて、確認しておくことが望ましいです。柏原市を含む大阪府の平均葬儀費用は101万円程度です。そのうち祭壇費用が多くを占めています。柏原市内にもいくつもの斎場がありますが、斎場で会場設営するときにかなりの費用がかかるため、自宅でお葬式をする場合はそれらのコストを大幅に削減できます。柏原市はほかの市に比べると若干かかる費用が少なく平均して58万円程度で葬儀を行うことが可能ですが、費用とその他の利点を考慮すると自宅葬を選ぶメリットは大きいと言えます。柏原市の葬儀場でのお葬式と自宅葬とを比較するために、自宅葬も請け負っている業者に相談して、実際に比較してみるとよいでしょう。

服装に気をつける

葬式

柏原で通夜や葬式に参列する際には、服装などのマナーに注意する必要があります。ベッドタウンとしての役割を持つ柏原には多くの斎場があり、通夜や葬式が行われています。安心して通夜や葬式に参列するためにも、柏原に住んでいる人はそういった場所でのマナーを知っておく必要があります。ここでは、柏原で役に立つ通夜や葬式での相応しい服装や正しいマナーについて説明を行います。通夜には、仮通夜と本通夜があります。仮通夜とは、故人が亡くなったその日に行う通夜のことです。参加するのは親族のみで、あまり形式張らずに故人と別れを交わします。そのため、服装は本格的な喪服を着用する必要はありません。本格的な喪服を着てしまうと、死を予期していたと捉えられかねません。仮通夜では、派手なアクセサリーや華美なデザインの服装は避けるようにします。落ち着いた地味な格好が適しています。翌日以降に開かれるのが本通夜です。本通夜では、喪服に近い黒系の服を着用します。これも、不幸を予期していたと思われないためです。男性の場合は、暗めのグレーや紺のスーツに黒系のネクタイです。女性の場合は、同様な色味のワンピースやスーツを着用します。葬式になると、男女共に黒い喪服を用意します。女性の場合はできるだけ肌を露出しないようにすることがマナーとなっています。また、キラキラ光るようなアクセサリーや時計は御法度です。ただし、一連のパールネックレスであれば失礼にはなりません。その他、毛皮など殺生を思わせるような素材は避けるようにします。

家族で過ごす最後の時間

葬儀

柏原にある葬儀社では、家族葬や密葬など色々な形態の葬式に対応しています。家族葬とは、家族や身内のように親しかった友人だけで行う葬式のことです。対して密葬は家族葬と内容的には同じですが、終了後に外部から参列者を招く本葬を行います。いずれの形式で行うかについては、柏原の葬儀社でアドバイスしてもらえます。

もっと読む

葬儀社の種類

葬儀会場

柏原で葬式を行う際に、互助会という方法があります。互助会は、葬式代の積み立てプランの事です。互助会に入ると割安で葬式を行うことが出来ますし、積み立てなので、急な出費で家計を圧迫する事も防ぐ事が出来ます。気を付けたいのは、転居すると利用出来ない場合がある事です。

もっと読む

プラン選びと相談の基礎

女の人

オプションも含めた見積もりを、複数の業者に依頼するのが、柏原市内で良いお葬式を挙げるための前提条件です。業者のホールを見学しながらプランについて打ち合わせたり、マイクロバスをチャーターするのが、お葬式を計画通りに進めるコツです。

もっと読む