お別れシーンの習慣

友人知人の挨拶をプラス

フラワー

告別式の場では、代表者が席を借りて弔辞を述べるのが一つの習慣です。弔辞を引き受けるのは、故人とごく親しかった友人や知人、会社の上司などです。一般的なお葬式では、このような家族以外の第3者が弔辞の挨拶を行い、故人へのお別れの言葉を述べます。弔辞は故人の簡単な紹介も兼ねているため、色々な立場の方が述べた方が内容にバリエーションが出ます。時に故人の新たな一面を紹介してくれるのが、学生時代の友人や恩師です。弔辞の席は、お葬式のタイミングを見て設けられます。どのようなタイミングで弔辞を組み込むかは、葬儀社の腕の見せ所です。柏原の葬祭業者では、セレモニーの進行もサービスの一つに加えており、プロが効果的な演出を行います。実際、弔辞が始まるタイミングや前後のアナウンスなどによって、会場の雰囲気は大きく変わってくるため、和やかな良いお葬式にするには、葬祭業者のセンスが必要です。柏原で行われているお葬式のように、プロのサポートが受けられると弔辞の内容も一層伝わりやすくなります。柏原にも増えている新しいタイプの葬祭業者は、細かい作業だけでなくお葬式のプロデュースも担います。結婚式と同様に、いかに魅力的な式にするかが最近のお葬式のテーマです。ナレーションなどを専門的に学んだアナウンサーが、スタッフとして駆り出されるお葬式も柏原を始め全国的に普及しています。参列者の印象に残りやすい弔辞は、故人や遺族への哀悼の表現でもあります。

故人の遺志を尊重できる

合掌

柏原の葬儀社では、各種葬式が行われています。最近では、柏原でも形式的な葬式を避けて自由なお別れの会や偲ぶ会を選ぶ人が増えています。これらは自由葬と呼ばれるものです。宗教にとらわれずに、自分たちの好きなように故人を追悼することができます。自由葬では、親族だけの密葬の後に追悼の儀式を行います。特定の宗教を信仰していない場合や形式的な葬式を好まない場合などに適しています。柏原の葬儀社の中には、無宗教の人でも利用しやすいように自由葬をメインに取り扱っている業者もあります。お別れの会も偲ぶ会もどちらも自由葬に変わりませんが、厳密には内容が少し異なります。お別れの会が亡くなってから一ヶ月以内に執り行われるのに対し、偲ぶ会はそれ以上月日が経過してから開かれるのです。一年以上経ってから偲ぶ会が行われるのも珍しくありません。柏原の葬儀社では、お別れの会と偲ぶ会の両方に対応できるように様々なプランが用意されています。弔辞や献花の後に故人を偲ぶ動画やスライドショーが上演されることもあります。故人の個性を表現するために、遺影や飾り付けなどは自由です。仏式の葬式のようにお経を流す必要もないため、BGMとして故人が好きだった音楽などを使用することができます。また、参列者に振舞う料理のメニューなども自由に決めることができるなどのメリットがあります。残される家族に素晴らしいセレモニーをプレゼントするためにも、エンディングノートなどに葬式についての希望を書いておくことが大事です。

民間や自治体の違いとは

メンズ

葬式を行う場所は民間や自治体の斎場や葬儀場、自宅、寺院などがあります。斎場や葬儀場はセレモニーホールや葬祭会館などと呼ばれることもあります。最近は住宅事情などの関係で自宅で葬式をするところはあまり見かけなくなりました。また柏原では寺院で葬式をする場合はその寺の檀家などに限られます。そのため葬式は民間の葬儀社や自治体の葬儀場ですることが多くなっています。柏原の自治体の葬儀場は火葬場も併設しているところもあります。この施設を利用すれば葬儀場からの移動などがなくてすむので便利です。しかし自治体の葬儀場は数が少なく自宅から遠い場合もあります。その点民間の葬儀社が運営する斎場は数も多く、遺族にとって都合の良い場所を選ぶことができます。またホールも一般の葬儀から家族葬用の小ホールなど多数用意しています。柏原では家族葬や小さい葬儀専門の葬儀社もできており、ホールやプランなども充実しています。柏原では民間の葬儀社の中には自社の葬儀場を持たないところもあります。この場合は地域の会館や貸ホールなどを利用して葬儀をします。葬儀場の運営費や設備費などを節約してそれを葬儀費用に還元しているのです。最近は大手の葬儀社も施設費などを節約して料金を抑えるところも増えてきました。民間の葬儀社は自治体よりも料金が高いと考えている人もいます。しかし業者はこのように様々な努力をして料金を抑えています。依頼者の希望に沿った柔軟なサービスをしてくれるのも民間の葬儀社の利点です。

家族で過ごす最後の時間

葬儀

柏原にある葬儀社では、家族葬や密葬など色々な形態の葬式に対応しています。家族葬とは、家族や身内のように親しかった友人だけで行う葬式のことです。対して密葬は家族葬と内容的には同じですが、終了後に外部から参列者を招く本葬を行います。いずれの形式で行うかについては、柏原の葬儀社でアドバイスしてもらえます。

もっと読む

葬儀社の種類

葬儀会場

柏原で葬式を行う際に、互助会という方法があります。互助会は、葬式代の積み立てプランの事です。互助会に入ると割安で葬式を行うことが出来ますし、積み立てなので、急な出費で家計を圧迫する事も防ぐ事が出来ます。気を付けたいのは、転居すると利用出来ない場合がある事です。

もっと読む

プラン選びと相談の基礎

女の人

オプションも含めた見積もりを、複数の業者に依頼するのが、柏原市内で良いお葬式を挙げるための前提条件です。業者のホールを見学しながらプランについて打ち合わせたり、マイクロバスをチャーターするのが、お葬式を計画通りに進めるコツです。

もっと読む